HULiCに関する問い合わせ先

HULiC利用に関する問い合わせは、情報センターではなく、BT14F資格課程実習準備室または
メール(shingo.sugawara@gmail.com)でお問い合わせください。
 
HULiC NetCom
Hosei University Librarians Course NetCommons (SINCE 2006/6/26)

 HULiC(ヒューリック)は法政大学図書館司書課程・司書教諭課程の授業用に設置したe-Learningシステムです。
 授業ごとにルーム(GroupRoom)を設定しています。履修している授業のルームを左のメニューから選んでください。使い方などの質問は「Q&A」のコーナー、各課程についての話題は「全体」というルームの中にある各課程用のコーナーを利用してください。
 MyRoomは個人で自由に利用できるルームです。レイアウトモードをonにすると、いろいろな機能を追加することができます。

※NetCommonsは大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構の登録商標です。
NetCommonsの著作権は情報・システム研究機構とプログラムを作成した各個人に帰属し、GNU 一般公衆利用許諾契約書(GPL)(参考:日本語訳)によって公開されています。

  Facebook 法政大学司書課程グループ
 

お知らせ(アカウント発行)

アカウントの発行について(学生)
HULICのアカウントを持っていない学生は shingo.sugawara@gmail.com 宛てに、法政大学のGmailから、SubjectをHULiCアカウント申請として、下記の内容を記入して送ってください。

1 学籍番号(半角英数字で記入してください。例:99a1234)
2 氏名
3 法政のメールアドレス
4 履修する授業名・キャンパス名担当教員名開講曜日と時限

 アカウント発行のお知らせは、申請内容を確認してから、一両日中に法政のメールアドレスへ送信しております。アカウント発行後はHULiCにログインできるか、登録情報に間違いがないか確認してください。
 SubjectがHULiCアカウント申請でない場合、アカウントの発行ができない場合がありますので、必ず「HULiCアカウント申請」と明記してください。
 

市ヶ谷授業ルーム(2022秋学期)教員の指示に従って申請して下さい

市ヶ谷授業ルーム申請2022秋学期

多摩授業ルーム登録(2022)

多摩授業ルーム申請2022

電子ジャーナル『メディア情報リテラシー研究」

電子ジャーナル『メディア情報リテラシー研究』原稿募集

下記のとおり、メディア・リテラシー、情報リテラシーに関する研究交流を目的とする『メディア情報リテラシー研究(The Journal of Media and Information Literacy)』(Open Access Journal)の原稿を募集いたします。みなさまの積極的な投稿をお待ちしております。

発行者 法政大学図書館司書課程
編集協力 AMILEC(アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター)
 

新着情報


2022/06/13

第6回世界報道の自由ティーチイン

Tweet ThisSend to Facebook | by 坂本 旬
ユネスコ・メディア情報リテラシーと異文化間対話大学ネットワーク企画
第6回世界報道の自由デー・ティーチイン
~偽情報と付き合うために私たちにできること~

7月9日14時より、世界報道の自由デー・ティーチインを開催します。このティーチインは、学生が主体となって企画しています。第一部ではゲスト講師に沖縄タイムスの阿部岳さんをお招きします。現地での取材と私たちが目にする報道との差や、ファクトチェックに関する講演を行っていただきます。
その後法政大学、同志社大学、武蔵大学のメディアに関する研究を中心に行っている各ゼミの学生たちと議論を深めるという内容になっています。
第二部では、前述の大学の各ゼミの研究発表を行う予定です。

主催 法政大学図書館司書課程
  (ユネスコ・メディア情報リテラシーと異文化間対話大学ネットワーク)
共催 日本ジャーナリスト会議(JCJ)
   アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター
   キャリアデザイン学部坂本ゼミ

講演者 阿部岳(沖縄タイムス)
・沖縄県辺野古、高江の米軍基地問題の取材で 2017 年に日本ジャーナリスト会議 (JCJ)賞。18 年には、著書「ルポ沖縄 国 家の暴力」(朝日新聞出版)で日隅一雄・情報流通促進賞奨励賞。

2022年7月9日(土)14:00~16:30
開催方法 Zoom

第一部 阿部岳さんによる講演
司会 牛山温人(法政大学)
・14:00~ 開会挨拶 坂本旬(法政大学)、須貝道雄(日本ジャーナ
リスト会議)
・14:15~ 今年の世界報道の自由デーテーマ紹介
・14:20~ 講演 阿部岳(沖縄タイムス)
・14:40~ 質疑応答・討論会
・14:55~ 休憩

第二部 各ゼミの研究発表
・15::00~ 大学生研究発表
(法政大学坂本ゼミ、同志社大学小黒ゼミ、武蔵大学松本ゼミ、武蔵大学鈴木ゼミ)
・16::00~  終わりの挨拶

世界報道の自由デーとは
5月3日は、各国政府が報道の自由へのコミットメントを尊重する必要性を喚起する日であり、メディアの専門家が報道の自由と職業倫理の問題について考える日でもあります。同様に重要なこととして、世界報道の自由の日は、報道の自由の抑制または廃止の対象となっているメディアを支援する日でもあります。また、記事の追求のために命を落としたジャーナリストたちを追悼する日でもあります。

武蔵大学鈴木ゼミ
メディア情報リテラシーを高めるためには情報のの発者にになることが一番の近道であると、4月から自らの問題意識でテーマを設定し、取材した内容を発信する自分たちのメディアづくりを模索中。元新聞記者の鈴木賀津彦講師が長年培った取材手法を参考に、14人の2年生が4班に分かれて取材に駆け回っています。

同志社大学小黒ゼミ
小黒ゼミでは、メディア関連の仕事を目指すものが集い、実践的なプログラムをこなす中で、取材・編集・発信のスキルを修得しています。記者職経験がある教員の指導を受けて、取材・編集・発信のスキルを学習していま
す。現在は政治からの言説の真偽を検証するファクトチェック活動を行っております。

武蔵大学松本ゼミ
松本ゼミは地域メディアをテーマに地方での取材を通じた社会調査を行います。またこれまでに見てきた地域の課題について、コミュニティFMやインターネット放送局での番組配信を通じて視聴者とともに考える取り組みみに力を入れてきました。現在4年生は14名で活動し各々が卒業制作に取り組んでいます。

法政大学坂本ゼミ
坂本ゼミではメディアを活用した文化探究学習を実践し、国際交流コーディネーターとしての能力を身に着けることを目的に、映像制作を中心とした活動を行っています。最近の活動ではユネスコアジア文化センンターと共同で、ESD(持続可能な開発のための教育)の解説制作や、映像制作を通じた自主夜間中学校へのボランティア等を行っています。

今回の「報道の自由デー・ティーチイン」について
現代は「一億総メディア時代」と呼ばれ、誰でも気軽に情報発信が可能な時代です。しかしその数多ある情報の中には、事実とは異なった形で発信された「偽情報」が紛れ込み、時に大きな影響を及ぼします。例を挙げるとするならば、2020年の大規模なトイレットペーパー買占め騒動は記憶に新しいのではないでしょうか。今回のティーチインでは偽情報の真偽検証(ファクトチェック)や報道における現地と報道の差を中心に、情報との付き合い方を学ぶ内容になっています。この機会に私たちと一緒に情報との付き合い方について考えませんか?

13:32 | 法政大学のイベント

RSS

  • 文化審議会、国宝・重要文化財(美術工芸品)と登録有形文化財(建造物)の登録について答申:『源氏物語』国冬本(天理大学附属天理図書館)が重要文化財、天理図書館(奈良)が登録有形文化財に
  • 公益財団法人新聞通信調査会、「第15回メディアに関する世論調査」の調査結果を公表
  • 九州大学附属図書館、「麻生家文書」目録データベースを公開
  • 【イベント】デジタルアーカイブ学会法制度部会シンポジウム「デジタルアーカイブが拓く日本の社会・文化芸術の未来」(12/5・東京)
  • 国際博物館会議(ICOM)、ウクライナの危機的状況にある文化遺産のリストを発表

乙夜の覧、戊夜のうp

  • 大学紀要論文と査読論文
  • 論文をたくさん書く方法
  • 日韓問題とメディア―何が起きているのか?(2019/12/8)
  • 韓日メディア教育交流会@ソウル(2019/11/29)
  • シンポジウム「デジタル時代のシティズンシップ教育」