HULiCに関する問い合わせ先

HULiC利用に関する問い合わせは、情報センターではなく、BT14F資格課程実習準備室または
メール(shingo.sugawara@gmail.com)でお問い合わせください。
 
HULiC NetCom
Hosei University Librarians Course NetCommons (SINCE 2006/6/26)

 HULiC(ヒューリック)は法政大学図書館司書課程・司書教諭課程の授業用に設置したe-Learningシステムです。
 授業ごとにルーム(GroupRoom)を設定しています。履修している授業のルームを左のメニューから選んでください。使い方などの質問は「Q&A」のコーナー、各課程についての話題は「全体」というルームの中にある各課程用のコーナーを利用してください。
 MyRoomは個人で自由に利用できるルームです。レイアウトモードをonにすると、いろいろな機能を追加することができます。

※NetCommonsは大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構の登録商標です。
NetCommonsの著作権は情報・システム研究機構とプログラムを作成した各個人に帰属し、GNU 一般公衆利用許諾契約書(GPL)(参考:日本語訳)によって公開されています。

  Facebook 法政大学司書課程グループ
 

お知らせ(アカウント発行)

アカウントの発行について(学生)
HULICのアカウントを持っていない学生は shingo.sugawara@gmail.com 宛てに、法政大学のGmailから、SubjectをHULiCアカウント申請として、下記の内容を記入して送ってください。

1 学籍番号(半角英数字で記入してください。例:99a1234)
2 氏名
3 法政のメールアドレス
4 履修する授業名・キャンパス名担当教員名開講曜日と時限

 アカウント発行のお知らせは、申請内容を確認してから、一両日中に法政のメールアドレスへ送信しております。アカウント発行後はHULiCにログインできるか、登録情報に間違いがないか確認してください。
 SubjectがHULiCアカウント申請でない場合、アカウントの発行ができない場合がありますので、必ず「HULiCアカウント申請」と明記してください。
 

市ヶ谷授業ルーム(2021秋学期)教員の指示に従って申請して下さい

市ヶ谷授業ルーム申請2021

多摩授業ルーム登録(2021)

多摩授業ルーム申請2021

電子ジャーナル『メディア情報リテラシー研究」

電子ジャーナル『メディア情報リテラシー研究』原稿募集

下記のとおり、メディア・リテラシー、情報リテラシーに関する研究交流を目的とする『メディア情報リテラシー研究(The Journal of Media and Information Literacy)』(Open Access Journal)の原稿を募集いたします。みなさまの積極的な投稿をお待ちしております。

発行者 法政大学図書館司書課程
編集協力 AMILEC(アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター)
 

新着情報


2021/06/05

メディア情報リテラシー研究第3巻1号について

Tweet ThisSend to Facebook | by 坂本 旬
『メディア情報リテラシー研究』第3巻1号の原稿を募集します。
特集 (仮)「鈴木みどり没15周年:メディアリテラシーを再考する」
特集原稿 5000〜10000字程度
論文 20000字程度

一般論文も募集しています。
締め切り 7月末

応募希望者は坂本までご連絡ください。
sakamoto @ hosei.ac.jp
11:05

RSS

  • SAT大蔵経テキストデータベース研究会、SAT IIIF Image Serverをリリース
  • 埼玉県八潮市、「八潮市図書館公民館ビジョン(子ども読書活動推進計画・読書バリアフリー推進計画)」の意見募集を実施中
  • 【イベント】発達障害児向けデジタル図書製作による在宅重度障害者の社会参加を支援するシンポジウム(12/10・オンライン)
  • 日本学術会議、先進7か国の人文社会科学を代表するアカデミーによる共同声明の公表を発表:信頼性・透明性のあるデータ収集等
  • 米国法律図書館協会(AALL)、法律図書館の給与及び現状に関する調査の報告書2021年版を刊行

乙夜の覧、戊夜のうp

  • 日韓問題とメディア―何が起きているのか?(2019/12/8)
  • 韓日メディア教育交流会@ソウル(2019/11/29)
  • シンポジウム「デジタル時代のシティズンシップ教育」
  • シンポジウム「デジタル時代の知性とは」
  • シンポジウム「いじめ問題を考えるーいじめ防止実践の未来像ー」