HULiCに関する問い合わせ先

HULiC利用に関する問い合わせは、情報センターではなく、BT14F資格課程実習準備室または
メール(shingo.sugawara@gmail.com)でお問い合わせください。
 
HULiC NetCom
Hosei University Librarians Course NetCommons (SINCE 2006/6/26)

 HULiC(ヒューリック)は法政大学図書館司書課程・司書教諭課程の授業用に設置したe-Learningシステムです。
 授業ごとにルーム(GroupRoom)を設定しています。履修している授業のルームを左のメニューから選んでください。使い方などの質問は「Q&A」のコーナー、各課程についての話題は「全体」というルームの中にある各課程用のコーナーを利用してください。
 MyRoomは個人で自由に利用できるルームです。レイアウトモードをonにすると、いろいろな機能を追加することができます。

※NetCommonsは大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構の登録商標です。
NetCommonsの著作権は情報・システム研究機構とプログラムを作成した各個人に帰属し、GNU 一般公衆利用許諾契約書(GPL)(参考:日本語訳)によって公開されています。

  Facebook 法政大学司書課程グループ
 

お知らせ(アカウント発行)

アカウントの発行について(学生)
HULICのアカウントを持っていない学生は shingo.sugawara@gmail.com 宛てに、法政大学のGmailから、SubjectをHULiCアカウント申請として、下記の内容を記入して送ってください。

1 学籍番号(半角英数字で記入してください。例:99a1234)
2 氏名
3 法政のメールアドレス
4 履修する授業名・キャンパス名担当教員名開講曜日と時限

 アカウント発行のお知らせは、申請内容を確認してから、一両日中に法政のメールアドレスへ送信しております。アカウント発行後はHULiCにログインできるか、登録情報に間違いがないか確認してください。
 SubjectがHULiCアカウント申請でない場合、アカウントの発行ができない場合がありますので、必ず「HULiCアカウント申請」と明記してください。
 

市ヶ谷授業ルーム(2021秋学期)教員の指示に従って申請して下さい

市ヶ谷授業ルーム申請2021

多摩授業ルーム登録(2021)

多摩授業ルーム申請2021

電子ジャーナル『メディア情報リテラシー研究」

電子ジャーナル『メディア情報リテラシー研究』原稿募集

下記のとおり、メディア・リテラシー、情報リテラシーに関する研究交流を目的とする『メディア情報リテラシー研究(The Journal of Media and Information Literacy)』(Open Access Journal)の原稿を募集いたします。みなさまの積極的な投稿をお待ちしております。

発行者 法政大学図書館司書課程
編集協力 AMILEC(アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター)
 

新着情報


2021/06/07

図書館司書採用試験講座(自主ゼミ)のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by 坂本 旬

図書館司書採用試験講座(自主ゼミ)のご案内
ビラ→【最新版】図書館司書採用試験講座(自主ゼミ)のご案内.pdf

担当 丹 一信


図書館司書の資格を活用して就職するには幾つかの選択肢があります。

もっとも代表的な方法は、公務員採用試験に合格し、司書として採用されることです。

(例として下記を参照してください)

http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/job/library/

 これらの採用試験は、教養試験と専門試験、面接などから成り立っています。

教養試験については、公務員予備校や参考書などが多くあり、勉強方法には困りません。

 しかし図書館情報学の専門試験については、予備校もありませんし、公務員試験用のテキストもありません。

 そこで従前より司書採用試験を受験予定の学生を対象に、対策講座を設けています。

この対策講座では、まず図書館情報学の基礎学習から始めて、次に採用試験の過去問を徹底的に学習することにより、合格を目指します。

 下記の内容を確認の上、参加を希望する学生は、問い合わせ先まで連絡をください。

 

1.      日時 相談の上、決定します。今年度は基本的にオンライン授業です。

2.       対象者 学部生、大学院生、科目等履修生等

3.       内容
司書採用試験の過去問を中心に、演習を行います。まず初めに基礎学力を身につけるため、秋実施の資格試験「検索技術者検定」3級合格を目指して学習を行います。
 http://www.infosta.or.jp/examination/

4.       テキスト及び参考書について
検索スキルをみがく  ISBN 978-4883673407

『司書もん』 全3巻 

詳細は、初回時に説明します。

5.       問い合わせ先   
 E-mail   kazunobu.tan.s8@hosei.ac.jp 

6.       受講料 無料

7.       参考動画 
https://hosei-ac-jp.zoom.us/rec/share/KZO_4K85nqoMOP1XFlZdUdRm1vgxICBOxJxfiip4-D_o_VsoPFqnb5j1o73-ZcGG.xk6oZlWXoJc0awXZ (
パスコード: =5X8blyw)


18:59 | 連絡事項

RSS

  • 個人著者がKindleストアで本を出版できるサービス「Kindle ダイレクト・パブリッシング」、電子書籍に加え紙の書籍での出版も可能に
  • Springer Nature社、オーストラリア大学図書館員協議会(CAUL)と転換契約を締結
  • シンガポール国家図書館委員会(NLB)、2025年までのロードマップ“LAB25”を発表
  • 日本出版クラブ、「忘れたくない本のはなし」を募集中
  • 【イベント】東京大学アメリカ太平洋地域研究センターシンポジウム「高木八尺 その学問と社会活動――CPAS高木八尺デジタルアーカイブ公開に寄せて」(11/6・オンライン)

乙夜の覧、戊夜のうp

  • 日韓問題とメディア―何が起きているのか?(2019/12/8)
  • 韓日メディア教育交流会@ソウル(2019/11/29)
  • シンポジウム「デジタル時代のシティズンシップ教育」
  • シンポジウム「デジタル時代の知性とは」
  • シンポジウム「いじめ問題を考えるーいじめ防止実践の未来像ー」