第1巻1号(2019/7)

『メディア情報リテラシー研究』第1巻1号
特集:デジタル資本主義とメディア・リテラシー

全文(PDF)ダウンロード
 メディア情報リテラシー研究1巻1号

電子ブック(ePub)ダウンロード
 メディア情報リテラシー研究1巻1号.epub

目次

◆『メディア情報リテラシー研究』創刊について           坂本 旬

【デイビッド・バッキンガム講演記録】
◆講演:デジタル資本主義時代のメディア・リテラシー教育
                        デイビット・バッキンガム    訳:時津啓、砂川誠司
◆Media education in the age of digital capitalism    
                                                          David Buckingham
◆デイビッド・バッキンガム講演会配布資料
  「ポスト・トゥルース」時代のメディア教育フェイクニュース、
        メディア・バイアス、メディア・リテラシー教育の挑戦
  Teaching Media in a ‘Post-Truth’ Age:Fake News, 
        Media Bias and the Challenge for Media Literacy Education
  メディア・リテラシーに何が起こったのか?
  批判的で行こう
  なぜ子どもはプログラミングを教わるべきではないのか?

 【バッキンガム講演へのコメント】
◆バッキンガム講演がもたらす
 日本のメディア・リテラシー教育研究への示唆          坂本 旬
                      
◆バッキンガムにとって批判的思考(理解)とは何か    時津 啓
◆変革のためのメディア・リテラシー教育
   ―バッキンガム氏の講義から学んだこと―        村上郷子
◆フェイクニュースに対する建設的な議論のために      村井明日香
◆これまでのメディア・リテラシーは「ポスト真実」時代に機能するのか
     ~バッキンガム氏の講演から~                     高橋恭子
◆フェイクニュースに抗する学校教育
     ―消費者教育の広告分析活動から学ぶ―       上杉嘉見

【研究報告】
◆平和の文化—平和メディアへの期待                    浅川和也
◆多文化共生と教育に関する考察
 ―第27回メディア情報リテラシー研究会 研究発表報告―
                       大重史朗
 
【研究会記録】
◆2018年度「メディア情報リテラシー研究会」企画一覧